カレンダー
今年のカレンダーはポスタルコさんから頂いたこちら。

ハリー・スミスがニューヨークの路上で集めた紙ひこうき達。

アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージックを発表した彼の収集癖がここまで及んでいたとは知らなかった。




こちらは去年のもので、顕微鏡で見た珪藻だそうです。











Others comments(0) trackbacks(0)
2017
明けましておめでとうございます。で始めるはずだったが、気が付けば1月も残り数日。

今年も宜しくお願い致します。










Others comments(0) trackbacks(0)
申去る


来年も月二回の更新を目標に頑張りたいと思います。










Others comments(0) trackbacks(0)
サヨナラ アガシ
ほぼ無意識の状態で、心臓の鼓動に合わせて痙攣するアガシを見つめながら、一緒に暮らし始めた頃の事を思い出していた。

アンドレと名付けられていた彼を、僕はアガシと呼んだ。

妻が独身時代に、産まれたばかりのウサギを貰い受け数年、同棲という形で僕が合流し、初めの頃は威嚇するような仕草や、時には足を噛まれたりもしたが、家族の一員となり部屋の中で放し飼いのアガシも気付けば13歳、ウサギの平均寿命はとうに過ぎ、お爺ちゃんウサギになっていた。

数日前に、いつもは出ないはずの自分のテリトリーから出て来て、めずらしいなと思っていたら、翌日からはあまり動かなくなってしまい、食事も摂らず横になったっきりで、あっという間に旅立ってしまった。


13年と50日を生ききったアガシ

子供達と庭に穴を掘って埋葬してあげる事にした。

いつも食べていた牧草を敷き、大好物の乾燥させた林檎の皮を入れてあげ、最期のお別れをした。

天寿を全うしたアガシ、天国でゆっくり休んで下さい。
ありがとう。

サヨナラ アガシコ。










Others comments(0) trackbacks(0)
弾丸出張
本日は、浅草にある革問屋さんを訪問すべく、始発便で鹿児島を出発し、夕方には羽田を経つという慌ただしいスケジュール。

問屋さんへ向かう途中、せっかくなのでスカイツリーを撮影。


帰りに京急線が人身事故でヒヤヒヤだったが、無事に空港到着。


サヨナラトウキョウ。









Others comments(0) trackbacks(0)
| 1/34 | >>