スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
俺の道具 Vol.3
 これからの季節に気になるモノのひとつに「ソックス」があります。
お気に入りのソックスでも長く履いたら穴があいてしまいますよね。

僕が愛用している『Darn Tough Vermont』はアメリカ合衆国の
バーモント州ノースフィールドで3世代に渡り創業しているソックス
紡績工場のプライベートブランドとして誕生して8年目になります。
darn tough
耐久性・耐摩性・快適性に優れていて、特に耐久性に関してのデータでは
主要アウトドアソックスブランドと比較し、なんと7倍もの耐久性が証明
されているようです。

その結果「Life Time Guarantee」(生涯保障)というソックス業界では
ありえないようなサービスを実現しています。
という事は、穴があいたらお店で交換してもらえるので新たに買い替える
必要がないという事です。 <過去の返却率は0.001%だそうです>
(アメリカでは返金対応をしていますが、日本では返品交換対応のみです)

アウトドアショップの「A&F COUNTRY」ではダーン・タフすべての商品を
取り揃えているようなので実際に色やサイズを手に取ってみてから購入出来ますよ。
ちなみに僕は吉祥寺店によく行きます。

気になった方は是非、お試し下さい。











Tool comments(0) trackbacks(0)
俺の道具 Vol.2
 キャンプ・登山・焚き火など山に入る時には必ず持っていたい道具のひとつです。
ナイフ一本あるだけで調理から護身まで出来る事の幅がぐんと広がります。
注)この場合の護身とは山中のけもの道を歩く際の虫や枝から身を守る事です

Western社製ナイフ 年代不詳 (たぶん1950年代位)
創業1896年・アメリカ・コロラド州
現在はCamillus社の傘下に入ってるようです。
ナイフ
10年位前に高円寺の古着屋でディスプレイで飾ってあったのを交渉の末に購入。
にぎりやすさとフォルムに一目惚れしてしまいました。
ナイフケースはサドルレザーで自作しました。

その他のナイフはこんな感じです。
ナイフ
上から順に
・高校生の時に近所のホームセンターで買ったステンレス製。
 安価で使いやすいので二本持っていたが無茶をしすぎて一本は破損してしまった。

Remington社製のバードナイフ。
 後ろのフックは肛門から内蔵を取り出し腐敗を防ぐためのものです。

NRA(全米ライフル協会)の2000年時の会員用の限定品。
 Millennium Memberの刻印入り。Made in Japan です。
 *私は会員ではありません。

・American SpiritとVictorinoxのコラボ品。
 吸っているタバコのキャンペーンに応募してもらいました。

安全に利用すれば便利な道具でも、使い方を間違えてしまえば
危険なものになってしまいます。
その道具の機能や特性を理解し正しく使用しましょう。

その他数点ありますが、またの機会に。














Tool comments(0) trackbacks(0)
俺の道具 Vol.1
 『Wrangler』 13MWZ・Cowboy Cut
1975年から全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会の公認ジーンズとなり
アメリカのカウボーイの90%以上が愛用しています。
wrangler

FULL 1 YEAR WARRANTY
1年間の保証付きなのを御存知ですか。
カウボーイの仕事に耐えうる品質はまさに道具です。
wrangler

ラングラーとの出会いは高校1年生の時だった。
Levi'sのブーツカットジーンズを買うつもりで
友達とジーンズショップに行ったら、なんと欠品中だった。
隣にあったラングラーのブーツカットを薦められてしまい
ウブな高校生の僕は断り切れず購入してしまった。
家に帰ってお店でもらったラングラーのカタログを見るたびに
だんだんと虜になっていきました。

その後15年ぐらいは狂信的なラングラー信者になってしまい
Levi'sやLeeなどは履く事がありませんでした。

こちらも高校1年ぐらいに購入した2本目のラングラーです。
WRANGLER  11MWZ  1964MODEL
64モデル
妻に何度かミシンで補修してもらいながら履き続けましたが
かなりボロボロになってしまいました。
今は思い出とともにタンスの奥にしまってあります。


*俺の道具 Vol.2は『ナイフ』特集の予定です。










Tool comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |