スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Genetically modified
 遺伝子組み換え作物(GM作物)について深刻に考えています。
「遺伝子組み換えではありません」「非遺伝子組み換え」という表示は
見た事があると思いますが「遺伝子組み換え」という表示は見た事が無いと思います。
僕も見た事がありませんし、おそらく多くの方が目にした事が無いと思います。
なぜ見かけないのか、そこが重要かつ大きな問題です。
 
輸入されたGM作物は主に、植物油・異性果糖(ブドウ糖類)・家畜飼料などに
加工されているようですが、ほとんどのものに表示義務がありません。
 
「全原材料に占める重量の割合が上位3位までのもので、かつ原材料に占める
重量の割合が5%以上のものにあたらない場合は、表示が省略できる」
「製造の過程で組み込まれた遺伝子やその遺伝子が作る新たなタンパク質が技術的に
検出できない場合には、表示は義務づけられていません」(油や醤油など)
(加工食品の表示に関して厚生労働省HPから抜粋)(所管は消費者庁)
 
所管する消費者庁が消費者の立場に立っていないという事が、まず大問題です。
4位以下には表示義務がなく、上位3位でも5%以下なら全てにおいて表示義務はない
という事になります。
食品添加物にGM作物が使用される際は、5%を超える事はまずないと思うので
一切表示がされません。
植物油や醤油などはDNAやタンパク質が分解・除去され検出不可能なため表示義務は無く
醤油には任意で「遺伝子組み換えではありません」と書いてあるものもあります。
ただし「遺伝子組み換えではありません」と書いてあっても5%までならGM作物が
混入していても「遺伝子組み換えではありません」という表示でいいそうです。
 
ちなみに混入率でいうと、EUでは0.9%、韓国では3%までが許容範囲です。
なので、日本の食品がEUで販売される際は、「遺伝子組み換えではありません」と
表記されてあるのに、母国語で「遺伝子組み換え」と表記してある物があるそうです。
アメリカに至っては大豆生産量の90%以上が遺伝子組み換えの為、安全性には影響が無い
という見解で全てにおいて表示義務がありません。
 
日本でのGM作物の商業栽培は、今の所まだされていないので、原材料が国産であれば
遺伝子組み換えはされていないはずです。
製造国も大事ですが原材料の生産国も確認してみましょう。
 
植物油・調味料・清涼飲料・菓子・アイスクリームなどいろいろな食品にGM作物が
使われていますが、節穴だらけの法律を利用して表示はされていません。
子供が食べるお菓子やジュースまでもがGMに犯されているんですよ!大問題ですよ!!

GM作物によるリスクとしては、発癌性・脳の収縮・免疫力低下・不妊・胎児の死亡
などが動物実験で明らかになっています。
GM種子を販売している某大手企業の社員食堂ではGM作物の使用を禁止しているそうです。
それでもGM作物の栽培や使用が認められているのは、こういった一部の大企業による
圧力や利権が絡んでいたり、実験データの改ざんや虚偽の申請もあるようです。
作物以外では、遺伝子組み換えホルモンや遺伝子組み換え微生物なども開発されており
こちらも同様に多くの問題を抱えています。
 
ここに書いた事は、ごく一部の事です。
現状では、GM作物を使用した食品を全く口にしないという事は
かなり難しい状況になっていますが、この問題とどう向き合うべきなのか
あらためて考えなければいけないと思います。
なるべくGM作物が使用されている食品を避ける事で、消費者はGM作物を望んでなどいない
という事を企業側へアピール出来るのではないでしょうか。
その為には、まず正しい情報を知る事が重要です。
ネットで検索すれば、GM作物を使用している日本の企業や食品リストが出てきますので
確認してみて下さい。
 
長々と読んで頂きありがとうございました。


 
今、世界の耕地面積の10%でGM作物が栽培されています。
そして、その種子は風に乗って飛んでいきます。









 
Permaculture comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>