スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Crazy Horse
鹿児島に来てから観た映画 4

「クレイジー・ホース」
監督:フレデリック・ワイズマン

精神異常犯罪者を収容する州立刑務所マサチューセッツ矯正院の日常を撮影した「チチカット・フォーリーズ」での衝撃以来、特集上映などの機会に6〜7割位の作品は観賞したと思う。

ワイズマンの次回作がクレイジー・ホースになると知った時は、好きなバンドのドキュメンタリーだと思っていたのでかなりの興奮状態でした。

その後の情報により、パリにある老舗キャバレー「クレイジー・ホース」であることが判明。
落胆もなく合点がいく。

ワイズマン作品は、ナレーション・インタビュー・音楽(BGM)・人物や場所を説明する為のテロップなどが全てありません。

この独特な作品表現により、あたかも自分自身が現場で一部始終を目撃しているような錯覚に陥ります。



キャバレーのドキュメンタリーという事で、妻には「クレイジー・ホース」のドキュメンタリーを観るとだけ伝え内容には触れませんでした。


これからもワイズマン作品を鹿児島で観賞したいな〜。
ガーデンズシネマさん、よろしくお願いします。

















Motion Picture comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>