スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
小玉西瓜
GWに発芽したスイカ苗を定植し、無農薬・無肥料・無除草で放任栽培する事、数ヶ月。
夏休みの最後になんとか間に合い食する事が出来ました。

小玉西瓜より少し小ぶりでしたが、妻と子供達が「甘い」「美味い」と言って食べてくれました。

野口種苗店で購入した固定種の乙女西瓜の種を使いました。

固定種とは・・人類が農業を始め、その土地の気候風土なあった良質な作物からの種を選抜し、連綿と受け繋がれてきたもので栽培と収穫が持続的で安定した種。
種を蒔き、収穫した物から種を取り、その種をまた蒔けるので、新たに種を購入する事がない。在来種ともいう。

F1種とは・・(first filial generation)メンデルの法則に基づき、異なる親を掛け合わせた第一世代は優性な遺伝子のみが発現する為、収穫された作物の形質は均一的だが、種を取り育てられた第二世代以降は劣性の遺伝子が顕著に現れる為、バラバラの形質になり毎年種を購入しなければならない。


F1種を栽培する農家が多い中で、固定種の種を次世代に繋ぐ為の取り組みをしている農家や菜園をされている方々が、少しずつですが増えてきているようです。

動物の世界と同様に一度途絶えてしまった種は二度と再生される事はありません。

ザックリした説明になってしまいましたが、これ以外にも問題はありますので、気になった方は検索してみて下さい。









Permaculture comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>